豊胸手術が失敗したら?ヒアルロン酸・脂肪注入・シリコンのトラブル

豊胸手術をしたいけど、失敗したことを考えたら…

手術を躊躇してしまいますよね。

豊胸手術に失敗したらどうなるんだろう。

豊胸手術カウンセリングをハシゴした時に、手術のリスクや副作用についても随分と話し合ってきました。

豊胸手術をして失敗した場合は、どうなるのかについて紹介していきたいと思います。

豊胸手術に失敗した場合

まず、豊胸手術には種類があります。

「ヒアルロン酸注入」

「脂肪注入」

「シリコンバッグ挿入」

どの手術を選ぶかは、医師や胸の状態や希望によって行われる手術は違ってきますので、

それぞれの手術で失敗した場合について紹介していきます。

豊胸手術が失敗したら?「ヒアルロン酸注入」

ヒアルロン酸注入する場合の手術が失敗した場合は、しこりができてしまう場合があります。

ヒアルロン酸は、もともと体に存在しますが、大量に注入すると身体が異物と判断して、異物を排出しようとヒアルロン酸を被膜で覆ってしまい「しこり」になってしまいます。

豊胸手術が失敗したら?「脂肪注入」

脂肪注入の場合は、自分の脂肪を使用していても、体がその脂肪を受け入れずに細胞が壊死してしまうことがあります。そうなると、手術の後に赤みや痛みが出てきます。

そういう場合は、すぐに洗浄や再手術になります。

豊胸手術が失敗したら?「シリコンバッグ挿入」

シリコンバッグ挿入の場合は、体がシリコンバッグを異物と判断し、被膜で覆って固めてしまう場合があり、バストが固くなるトラブルがあります。また、シリコンバッグが衝撃で破裂してしまうトラブルもあります。

豊胸手術は、失敗のリスクもよく考慮しよう

豊胸手術の場合は、失敗やトラブルも多いので、手術の前に医師としっかり相談することが大切です。

自分に合う手術の方法などをよく相談していきましょう。

アフターフォローをしっかりしてくれるクリニックを選ぶことも重要です。

大きいバストには憧れますが、豊胸手術はそれなりにリスクが伴います。

豊胸手術をして後悔しないためにも失敗やトラブルがあった場合の対処の仕方などをよく考えてみましょう。

失敗のリスクがあってもよいから豊胸手術をしたい場合は、失敗した後のケアについても医師とよく確認しておきましょう。

豊胸手術は、術後も何かとトラブルが多くて、再手術になることもよくあるので、アフターフォローをしてくれて、長く付き合っていける信頼を持てるクリニックを選ぶようにすることが大切です。

まとめ

豊胸手術に失敗したらどうなるかについて紹介しました。豊胸手術の失敗は、再手術が必要だったり、たくさんのリスクを伴います。

豊胸手術のリスクをしっかり確認してみて豊胸手術をするかどうか考えていきましょう。また、豊胸手術をどうしてもする場合は、安心できるクリニックを選び後悔しないようにしていきましょう。

 

コメントを残す

CAPTCHA